高校生のダンス事情とは

エグザイルというグループが、ダンスで一世を風靡しブームを巻き起こしてから10年以上がたっています。

小学生でも習い事の一つとしてスクールに通っている子も増えていますし、昔より身近なものになってきているのは確かです。地域の行事でもコンテストが開かれることもでてきました。しかし、近年もっとも話題になったのは登美丘高校のダンス部ではないでしょうか。バブリーダンスは世の中の人を夢中にさせ、知らない人はいないほどのブームになりました。派手な衣装と、キレのある動き、そして笑いの要素も入っているパフォーマンスは素晴らしいとしかいいようがありません。

それを機に高校生のダンスに一気に注目が集まるようになりました。部活としてはまだ新しい分野で、部ができてからまだ何年もたっていない学校が多いことも事実です。夏の全国大会も今年で12回目と歴史は浅いです。しかし有名な学校には今、入部希望者が殺到しています。ダンスのためにその学校に行くという人さえいるのです。テレビなどを通して憧れをもち、高校から始める人もたくさんいますが、問題ありません。

努力次第ですぐに追いつくことができます。たくさんの仲間たちと来る日も来る日も練習し、笑顔や涙の中でお互いを認め合い、時にはライバルとなり切磋琢磨していくことで、体も鍛えられるのはもちろん、精神的にも大きく成長します。高校生の時期にそのような経験ができるということは、その後の人生にとっても非常に良いことです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *