高校生にダンスを推奨する3つの理由

今や全国で人気の習い事となったダンス。

教育現場では体育の授業や部活の選択肢の一つとしても浸透しています。テレビでは高校生チームの世界レベルのダンスパフォーマンスやその練習風景などが報道されたりし、青少年の活動においてダンスはとても身近なものとなりました。ビジュアルでその成果がわかりやすく見え、世間の注目が集まりやすいというのもその理由の一つだと思います。ところで高校生がダンス活動に時間を費やすことについて、どのようなメリットがあるのでしょうか。

ここでは良いと思われることについて3つ紹介していきます。まずは、社交性、協調性が身につくということです。ダンスはチームプレイであり、グループによっては数十人もの息を合わせた動きをしなければなりません。自分勝手な行動はあまりできない上に、他チームとのかかわりやグループ内の役割を果たす責任があります。そういった経験を積むことによってそれらを学ぶことができるでしょう。次に、自己肯定感が高まるということです。表現するということは、生きていくのに大切なことです。

時には仲間とぶつかり合ったりすることもあると思いますが、話し合いや身体を使って思い切り自己を表現し認めてもらえた時、そして受賞するなど成果が出たときには社会に出たときに役立つような自信につながるでしょう。最後に、創造性です。振付や曲選びなど芸術的センスが必要な作業を重ねることにより、クリエイティブな能力が育ちます。オンリーワンが大切な今の時代、こういった経験は高校生にとって将来役立つ重要なスキルとなるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *